アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!

【アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!】

灰崎めじろの愛玩天使、売ります!!は汁まみれのBLまんがです


愛玩天使、売ります!!

『愛玩天使、売ります!!』は、高級ホストクラブを舞台にした、灰崎めじろさんのボーイズラブ漫画です。

高級ホストクラブのオーナー・仙里が、手塩にかけて育て上げた美少年ホスト・琉伊。
オーナーとホストという立場ながら、二人は愛し合う関係です。
でもそんなある日、お店のVIP客の男に、琉伊の身体を差し出すように脅されてしまいます。
琉伊は仙里のため、自ら男に抱かれる決意をしますが・・・。

冴えない容姿だった琉伊を、ピカピカの人気ものにする仙里。
琉伊の愛らしい容姿も相まって、光源氏計画かな?と思ってしまいました。
作中では、琉伊のことを「女性的な容姿ではない」と言っていますが・・・・・
完全に女性的な容姿だと思います(笑)。

最初から最後まで、健気で一生懸命な琉伊がとってもかわいいですね♪
仙里や他のホストの先輩、お客さんたちがメロメロになってしまうのもよくわかります。
ちなみに、ホストクラブと銘打ってはいますけど、当然のように男ばかりが出てきます(汗)。
お客さんも確認できるのはすべて男です。
ホストというよりは、そういう系のお店なんでしょうかね(笑)。

イラストは少女漫画のような雰囲気で、とてもきれいな絵柄。
キャラクターの表情などもうまく描き分けられていて、感情やエッチシーンの気持ちよさそうな雰囲気がよく伝わってきました♪
ただし、エロ描写は全身ヌレヌレのどろどろで、かなり濃厚でしたが(汗)。

愛玩天使、売ります!!

回数もプレイ内容も、こってりとしていて濃い感じ。
絵柄に反して、エロシーンは汁気が多い気がしました。
しいて言えば、モザイクのかけ方が変わっていてちょっと気になりましたが・・・・・
おそらく発行レーベルの関係だと思うので、その辺は仕方ないかなと。
ただそれを抜きにしても、かなりエロエロで興奮してきちゃいます。

もっとも、ストーリーが破綻しているということはなくて、エロいながらもきちんと話も楽しむことができました♪
短編漫画は特に、エロシーンが多ければ多いほど、ストーリーがおろそかになっちゃってるものが多いので、これは嬉しかったですね。

『愛玩天使、売ります!!』には、表題作の他にもいくつか短編が入っていますが、系統はちがってもどれも受けがかわいかったです。
どの話も続編が作れそうな終わり方をしていたので、続きに期待しちゃいますね。
そのくらい、どれも魅力的なストーリーとキャラクターでした。

表題作を含めて、どれも後味の悪い話はなかったので、暗すぎるのは苦手だという人でも安心して読めるスマホコミック。
『愛玩天使、売ります!!』は、かわいい系から狂犬系まで、色々なタイプの受けがこれ一冊で楽しめちゃいますよ。

愛玩天使、売ります!!
アクセスブックスで読めます♪

↓  ↓  ↓


愛玩天使、売ります!!

 

タグ :                         

BL アナル オナニー ラブコメ 凌辱 調教

宵野コタローのラブ☆ハメは縛りプレイに興奮しまくり!


ラブ☆ハメ

宵野コタローさんのアダルト電子コミック『ラブ☆ハメ』を読んでみました。
宵野コタローさんの作品って、登場する女の子がみんなかわいくて、しかもかなりの巨乳なんですよね♪
おかげで、ヌキどころにはまったく困らないという、人気のエロ漫画家さん。
こちらの『ラブ☆ハメ』でも、そんな巨乳美少女たちがいっぱい登場してくれてます。

収録されているタイトルは、次の通りです。

びびっどガール
裏表ラブデイズ
smile again!!
生徒会長への道
押しかけ☆JC
押しかけ☆JK
お兄ちゃん改造計画
性なる夜に★
ドキドキ 男の娘ホリデー
夏のsecret love
春の訪れ

全部で11作品と、かなりの数を収録してありますね。
どの作品もエロくておすすめなのですが・・・・・
個人的には、「びびっどガール」が一番おすすめです♪

巨乳美少女を誘拐して、学校の体育倉庫に閉じ込めた誘拐犯のお話。
現実世界だと、誘拐して身代金の要求、という流れになるわけですが・・・・・
アダルトコミックですから、当然お金よりもカラダのほうを要求しちゃってます(笑)。
その証拠に、美少女の服を脱がせて、ほぼ全裸の状態。
上着は胸元だけはだけていて、かろうじて全裸ではないわけなんですが。
この状態のほうが、かえって全裸よりもエロく感じてしまうところ(汗)。

ほぼ全裸状態にしておいて、縄跳びのロープでカラダを縛っているという雑さ。
覆面しているとはいえ、なんだかオドオドして落ち着きがない様子。
どう見てもプロの誘拐犯には見えませんね。
どちらかと言うと、強姦魔っていう感じでしょうか?

そんな頼りなさげな誘拐犯は、巨乳美少女の胸から愛撫をスタート!
ただ、くすぐったい触り方だったり、乳首をキュッと強くつねってしまったり。
まるで、初めて女体を触る童貞男子のような触り方、ですね(汗)。
こんなんでよく、女の子を犯そうなんて考えたものです。

ラブ☆ハメ

その一方で、巨乳美少女は最初こそ嫌がっていたものの。
誘拐犯の触り方があまりにもヘタクソだったことで、かえって性欲を刺激されちゃってます。

「おっぱいだけじゃなくて、アソコも触って」

とか。

「早くして、もう限界なの・・・。」

とか。
淫乱女のような、オトコを誘惑するセリフ。
女の子のほうが誘拐犯を犯しているようなセリフになっていますよね(笑)。

もっとも、誘拐犯のおチンポを求めている巨乳美少女なんですが・・・・・
誘拐犯が挿入しようと、いざちんちんを出してみると。
なんと、かなりのデカチンという・・・!
こんな巨根を女の子のアソコに挿入しようとしたら、膣内が壊れてしまいますよね(汗)。
実際の挿入シーンでは

「ぬぷぷ・・・っ!」

といういやらしい音で、巨大チンポを呑み込んでいましたし。
子宮口まで一気に突いている様子がとっても卑猥でした。

文句ばっかり言っていた割に、最終的にはデカチンを喜んで受け入れている巨乳美少女。
ぶっとい肉棒に犯されているというより、逆に極太チンポを呑み込んで犯しているような。
エッチな膣内断面図からは、そんなイメージが浮かんできたから不思議です(笑)。

巨乳美少女のオッパイだけでなく、おちんちんを求めてキュンキュンするお尻と膣内など。
全体的に肉付きがよくて、締りのいいオマンコが見どころ♪
縛りプレイに興奮する人にぜひおすすめしたいスマホエロ漫画になっています。

宵野コタロー・ラブ☆ハメ
無料試し読みならこちら♪

↓  ↓  ↓


ラブ☆ハメ

 

タグ :                                  

アナル アヘ顔 パイズリ フェラチオ ラブコメ 人妻 凌辱 女子校生  巨乳 水着 潮吹き 痴女 監禁 調教 近親相姦

女は絶対に男の性処理を手伝わないといけない法律は性奴隷エロ漫画です

Handyコミック【性処理を手伝わないといけない法律】※スマホ専用

日本では今でこそ男女平等ってなっていますけれども。
ひと昔前だと、男尊女卑の社会だったわけですよね。
これは日本に限らず、ほかの国でも見られた光景、なわけですが・・・・・


 

タグ :                      

OL SF・ファンタジー アヘ顔 キモメン フェラチオ フルカラー 乱交 凌辱 処女 女子校生 女教師 巨乳 潮吹き 野外

カスガの激射!ひみつのエロ写真部は処女JKの日常改変系エロ漫画です


激射!ひみつのエロ写真部

ブッ飛んだ世界観設定に定評があるエロ漫画家のカスガ氏。
こちらの『激射!ひみつのエロ写真部~処女と童貞がぬるぬるイジり合う放課後』も、なかなかおもしろい作品になっています。
今作もカスガ氏お得意の日常改変モノかと思いきや、若干いつものテイストとはちがっていました。
それでもまぁ、異常は異常なんですけど(笑)。

内容としては『激射!ひみつのエロ写真部』というタイトルがすべてを表しています。
高校の写真部というより、エロ写真部の活動記録みたいな感じで物語は進んでいきます。
活動内容はズバリ、エッチな行為をしてその様子を写真に収めること。
変態女子高生と男子高校生たちが、お互いのエロ写真を撮り合う部活なんです(汗)。

部活動内のルールとして、あくまで撮影するのはオナニー行為や変態行為のみで、セックスはしないというものがあります。
なのでエロ写真部のメンバーは、とんでもない行為をしている子たちばかりなんですが、実は処女童貞ばかり。
ものすごく変な感じですし、正直こんなおいしい状況でよく思春期の男女が暴走してセックスしないな~と思ったんですけれど。
彼らはあくまで部活動に(いろんな意味で)精を出しているだけなんですよね(笑)。

とはいっても、活動内容はかなりエロエロ。
カラオケボックスでのオナニー合戦、公園で全裸状態でのドスケベ行為、そしてそれを写真に収めまくるという。
こんな感じで、正直かなり頭がおかしいです(汗)。
特にカスガ氏の漫画って、どの作品もみんな明るく楽しそうにとんでもないエロ行為をするんですよね。
素朴な絵柄でなんの恥ずかしげもなく、それこそまるで、爽やかにスポーツに打ち込んでいるかのような表情で。
キャラクターたちがオナニーフィストファック、公園でおもらしをしちゃうんです♪

激射!ひみつのエロ写真部

ちなみに、先にチラッと言った、いつもの日常改変系と少し違っていたという部分。
それは、この行為に対する周りの反応が我々と同じような感じということです。
変態女子高生、男子高校生たちのヘンタイ行為を容認しているわけではなくて、はっきり言って周りの目は冷たいんです。
現にエロ写真部の主な活動場所になっているカラオケボックスは、既にいくつも出入り禁止になっている様子。
まあ、そりゃそうだろうって感じですけどね(笑)。
それでも、全裸で公園で遊びまわっているのに通報されなかったりするあたり、少しというかかなりおかしいのは明らかです。

さて、そんなエロ写真部でも、3月を迎えれば3年生が卒業していきます。
カラオケボックスでフィストファックを披露してくれた千尋先輩も卒業。
ということで、もう一度フィストファックを見せてほしいとせがむ部員たちに対して。
千尋先輩は「今日はちょっと・・・」と照れたように笑って、部長と共に童貞&処女卒業セックスをすると宣言します。
千尋先輩は部長のことが好きだったんですね♪
ただ、フィストファックまでしておいて、処女と言っていいのかどうか・・・(汗)。

少々疑問は残るところですが、部長の童貞チンポを千尋先輩の処女マンコ(仮)にずっぽり挿入して、無事に下半身の卒業も完了♪
これでハメ撮り卒業イベントは大成功を収めました。

いや~、なかなかヒドい内容ですね。
もちろん、いい意味で(笑)!
今回も、まさにカスガ節全開って感じの作品でした♪
日常改変系のカオスな世界観が好きな方は『激射!ひみつのエロ写真部』は必読ですよ。

カスガ・激射!ひみつのエロ写真部
無料立ち読みならこちら♪

↓  ↓  ↓


激射!ひみつのエロ写真部

 

タグ :                              

オナニー 乱交 処女 女子校生 巨乳 放尿 潮吹き 野外

宝井理人のテンカウントは濃厚なBLセックスがエロすぎ!


テンカウント

『テンカウント』は、『セブンデイズ』や『花のみぞ知る』で有名な人気BL漫画家、宝井理人さんの最新作です。
『花のみぞ知る』はドラマCD化もされていて、商業BL作品の中ではかなり有名ですよね。
カラー、モノクロともにきれいな絵柄で、特にカラーは見ていてゾクゾクしてしまいます。
この美しい表紙に惹かれてつい購入してしまった、という人も多いのではないでしょうか?
『テンカウント』は電子コミックですけど、コミカライズもされていて、現在でも絶賛連載中の作品です♪

主人公は極度の潔癖症の青年・城谷。
そんな彼がとあるきっかけで出会ったカウンセラー・黒瀬と、潔癖症を克服するために定めた10の項目を進めていく。
・・・という内容になっています。
この決められた項目をこなしていくっていうのは、潔癖症に限らず心療内科でよく行われている治療法ですよね。
自分にとって嫌悪感が少ないものから、徐々にレベルアップしていく感じ。
潔癖症である城谷の場合は、ドアノブに触れる、自分の物に他人が触る、といった感じです。

ただこの10項目、最後の一つだけが空白になっています。
恐らくここに何かが入っていくまでの過程ということで、『テンカウント』というタイトルなんでしょうが・・・・・
ものすごく捻っているわけでもないのにシャレていて、なおかつわかりやすいのはさすがといった所です(笑)。

さて、私は宝井さんの作品は『花のみぞ知る』を読んだことがあるんですが・・・・・
この方の作品は話の流れがゆっくりで、なおかつBL作品としては珍しくエロシーンに入るまでが長い(汗)。
今作もそんな感じかな?と思ったら、案の定その通り。
コミカライズ版の一巻では、エッチシーンはゼロ。
本番は二巻中盤からで、三巻はほぼエロといっても過言ではないかと(泣)。

テンカウント

今回は城谷が潔癖症ということもあり、私的にはあまり違和感を感じませんでしたが。
(むしろ潔癖症なのにサクッとセックスされると、個人的にはちょっと・・・)
BLコミックはエロがあってこそでしょう(笑)!
「エロメインの商業BLが読みたい!」という人は、じれったく感じてしまうかもしれませんね。
まぁでも焦らせた分だけ、二巻と三巻でのエッチシーンはかなり濃厚な雰囲気に仕上がっています♪

きれいな絵柄に反して、エッチシーンはかなり濃厚になっていて。
プレイ内容も「そんなことまでやっちゃうの!?」ってことまで。
アナルプラグが出てきたときは、正直驚きました(汗)。
まあでも、黒瀬が城谷のことを本当に好きな設定ですからね。
そこまでえげつない内容や、愛のない行為に受けが可哀想~ってなっちゃうことはないかと。
城谷が思った以上に、かわいくあんあん喘いでくれるのもよかったですね。
あと修正がかなり甘いので、個人的にはその辺もおすすめできます(笑)。
ただ元の絵がきれいな感じなので、グロい感じはないですよ♪

表紙を見て「もっと暗い内容なのかな?」と思いましたが、割とほのぼのとした感じで話は進んでいきます。
今回の『テンカウント』も前作に引き続き、話が丁寧に丁寧に紡がれているので、ストーリー展開は少々遅め。
ただし、きれいな絵柄と濃密なエッチシーンは、見て損はないと思います。

城谷のトラウマの原因とは?
そして、これから二人の関係はどうなっていくのか?
続きが待ちきれませんね!

宝井理人・テンカウント
無料立ち読みならこちら♪

↓  ↓  ↓


テンカウント

 

タグ :                         

BL アダルトグッズ アナル 凌辱

1 2 3 16