アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!

【アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!】

桃山ジロウの『出られない教室』は美人女医にアブノーマルプレイ!

普通に女性とパコパコするセックス漫画もいいですけれど。
最近はそういうノーマルなエロ漫画であふれてしまっていて。
男性の中には、普通のセックスシーンじゃ興奮できない、っていう方も多いことでしょう。
そんな刺激を求める男性におすすめしたいのが、桃山ジロウさんの『出られない教室』
変態ちっくなアブノーマルプレイのお話ばかりなので、きっと満足していただけるはずです♪


>>出られない教室

『出られない教室』に収録されているタイトル

この『出られない教室』に収録されているタイトルは、次の通りです。

ああ神様仏様
監禁病棟
戦え!!電子レンジャー
とりこ
ワル園長
真夜中の調教

どのお話でもアブノーマルプレイが楽しめるのがいいところ。
個人的には、「監禁病棟」がおすすめ。
マニアックなプレイ内容に圧倒されちゃいます♪

「監禁病棟」のあらすじ

急患が出たということで、美人女医が呼び出されます。
メガネをかけていて、キリッとした感じの美人女医。
感染症予防のために、地下にある監禁病棟まで出かけたものの。
そこで待っていたのはなんと・・・!

美人女医が監禁&凌辱!

「監禁病棟」というタイトル通り、美人女医が監禁されていきます。
急患だと言われると、医者は断れませんからね。
そこを逆手に取った監禁方法というわけです。

保護された精神疾患の患者を治療するための地下設備、なんですが。
何より驚かされたのは、急患の状態。
暴れるからという理由で、ベッドに固定されていたところまでは理解できるとしても。
全裸状態で、しかも下半身にあんな卑猥なものが・・・!

そして、地下施設に連れてこられたことからもわかる通り。
この美人女医もまた、このアブノーマルプレイの餌食にされていくわけなんです(泣)。

バイブ挿入からアナル拡張、そして・・・!

病院という特殊な建物上、いろんな医療器具があるわけで。
特に

「僕が毎日カラダを拭いて、おしめを替えてあげあげます」

なんて考えの変態医者が仕切っている地下施設には、バイブやクスコ、カテーテルなど。
いろんな変態器具があって、これから美人女医がどんな具合に凌辱されていくのかを想像するだけで、下半身が勃起してしまうという(汗)。

>>出られない教室

産婦人科でおなじみの分娩台に両手&両足をガッチリ固定されて、さらには大股開き状態に。
こうすることで、いつもは絶対に見られない美人女医の秘部が丸見えになっちゃってます。

まったくの無抵抗のまま、卑猥なアブノーマルプレイがスタート!
お尻の穴に液体を注入して、浣腸プレイを楽しんだ後。
間髪入れずに、おまんこにバイブを挿入してスイッチON。
より早く浣腸ができるという理由なんでしょうけれど、かなりいやらしいプレイですね(汗)。

そのあとも、アブノーマルプレイが終わることはなく。
アナルバイブを挿入してのアナル拡張や、おもらし対策としての尿道カテーテル導入
こちらを先にやっておくことで、その後のポルチオ性感帯やGスポットへの刺激もスムーズにできてしまうようです(汗)。
日常生活ではまず刺激を受けない、女性の超敏感な部分への刺激になっていますから。
我慢できずに

「ンフッ!ンフフーーーッ!!」

と声にならない声を出して、尿道カテーテルから「ジョロロロ・・・!」と勢いよくおしっこをおもらしする様子が卑猥すぎですね(汗)。

尿道にはカテーテル、お尻の穴にはアナルバイブ、そしておまんこには極太バイブを挿入されて。
声も出せずに何度もイカされていく「監禁病棟」。
快楽を強制的に叩き込まれている、美人女医のせつなそうな表情にドピュッと射精しちゃいます。

『出られない教室』にはほかにも、アブノーマルなプレイ内容のお話が満載!
桃山ジロウさんの絵柄もあって、不気味だけどエロくてゾクゾクさせられるようなアダルトコミックになっていますよ。

変態プレイが楽しめる!
スマホで読むならこちら♪

↓  ↓  ↓


>>出られない教室

 

タグ :                       

アダルトグッズ アナル スカトロ 凌辱 女医 放尿 潮吹き 監禁 膣内断面図 調教

この記事に関連する記事一覧