アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!

【アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!】

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』は巨乳美女と生ハメSEX!

アパートで一人暮らしだと、住人にかわいい女の子がいないのか、とても気になってきますよね。
かわいくてナイスバディな女の子がいたらウハウハなのにな~。
なんて想像しながら、シコシコとオナニー三昧
悲しいですけど、それが現実ですが(汗)。

でも、『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』では、巨乳美女と生ハメSEXしちゃいます。
実際に読んでみると、ありそうでないような、そんな感じのエロ展開になっていて。
自分もこんなボロアパートに住みたい、って思ってしまうのかも?

主人公は、高卒のフリーター。
現在はボロアパートで暮らしています。
普通なら、こんなボロアパートなんかに暮らしたくないって思ってしまうところ、なんですが。
ここに住み続けている理由は、美人な管理人さんがいるから。
仕事で疲れていても、管理人さんの笑顔に癒されまくりなので。
たとえボロアパートでも、住み続けたいって思うわけなんです♪

そんな時、上の階からの音がうるさくて、住人に注意したところ。
美人でナイスバディの女の子が出てきて・・・。


女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

管理人さんも上の階の住人も、どちらも美人さんですから。
ある意味、ウハウハな展開になっていますよね♪
特に、上の階の住人は、美人な上にエロボディなわけなので。
音のことでキツく注意しようと思っていたのに、つい許してしまっているという。
まあ、ドキッとしてしまうほどのエロボディですし。
かなりムラムラっときてしまっているので。
チラッとしか見ていないといっても、エロボディをオカズにオナニーしちゃってますね(笑)。

「ハァ、ハァ・・・。」

と、手でシコシコとシゴきながら、オナニーを始めた矢先。
上の階の住人がなんと、床が崩れて落っこちてきて。
そのまま、チンポの上にズッポリ!

ボロアパートですから、こういうことはあり得るわけですけれど。
タイミングよくズッポリと生ハメするのは、さすがに笑ってしまうわけです(笑)。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

自慰行為の真っ最中に、エロボディの住人が落ちてきて、ズッポリ生ハメしちゃっていますから。
オカズっていうより、メインディッシュが出てきたような感じですよね(笑)。

巨乳美女が

「いやっ、こんなの・・・っ!!」

と拒否しようとしても。
我慢できずに、巨乳オッパイを吸ったり、腰をズコズコと突き始めたり。
あまりの気持ちの良さに、このエロボディを求めてしまうのも納得ですね(笑)。

上の階の巨乳美女が落下してきて、ズッポリ生ハメしちゃう『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』
ボロアパートあるあるのような事故ですけど、男にとってはうれしい限り♪
このエロボディの巨乳美女との生ハメSEXはもちろん。
美人で巨乳の管理人さんとの、寝ぼけた生ハメセックスも楽しめますよ。

巨乳美女の穴にズッポリ!
フルカラーで読むならこちら♪

↓  ↓  ↓


女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

タグ :               

フルカラー 夜這い 巨乳 調教

この記事に関連する記事一覧