アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!

【アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!】

由浦カズヤの『ふたりヨガり』は外人娘と駅弁ファック!

由浦カズヤさんのアダルト電子コミック『ふたりヨガり』を読んでみました。
こちらはもともと、『ふたりよがり』というタイトルで漫画本として販売されていましたから。
読んだことがあるという方も多いかもしれませんね。

収録されているタイトルを見てみると・・・・・

・淫活プラクティス
・いいコといいコト
・プリティ&ビースト
・プリティinワンダーランド
・堂々ダーリン
・蒼い目のナデシコ
・つまあそび
・ふたりよがり
・はずかしばり
・はじめてのつづき

というふうに、けっこうな数のタイトルが収録されています。
どのお話にも、かわいい女の子たちがくんずほぐれつ乱れちゃうわけですが・・・・・
個人的におすすめなのは、「蒼い目のナデシコ」です。


>>ふたりヨガり

日本の伝統文化を学ぶために日本にやって来ている、外国人留学生のケイトとリリ。
巨乳でサバサバしているケイトと、清楚な雰囲気のちっちゃいリリ。
対照的なこの2人が今回やって来ているのは、とあるお祭り。
その名も、”マラマラ祭り”と言います(汗)。

まあ、名前の通りのお祭りになっていて。
子孫繁栄のためのお祭り、なわけですが・・・・・
中身のほうはというと、男性器をかたどったおみこしを担いだり、チンポ型の食べ物を売っていたり。
とにかく、チンコ一色といった感じの、何とも言えない卑猥なお祭りなわけです(汗)。

なんてったって、名前が宝珍(ぽこちん)アメですからね。
いくら日本の伝統文化といっても、さすがにこんなものを近づけられたら、わいせつ物扱いになっちゃいますし。
それに何より、女性はみんなドン引き確実でしょう(汗)。

そういうわけで、こういう系統のお祭りにやって来るのは、ビッチギャルか外国人留学生ぐらいではないかと。

いやらしい儀式じゃないと言い聞かせても、いかんせん、アメのあの形状からは、どうしても男性器をイメージしてしまうというもの。
そして、そんな恥ずかしがる外人娘を見て、ハァハァしながらアメを舐めさせようとする鬼畜ぶり(笑)。

まずは、先っぽをチロチロと優しく舐めるような舌使い。
今度は、亀頭部分をくぽっと唇で咥え込みながら。
裏筋をしっかりとペロペロしていくという。

「甘くて、おいひいれふ」

こんなにかわいい外人娘が、指示通りに卑猥なアメをペロペロしてくれている。
それを実感しただけで、すでにこちらの下半身はフル勃起しちゃっているわけですよ(笑)。

>>ふたりヨガり

ここまででも、すでにどうかとは思うんですが・・・・・
調子に乗って、アメで胸をいじったり、おまんこに突っ込んでみたりしてますから。
こうなってくると、もはやアウトでしょうね(汗)。

でも、読者としては、エッチなことをされて恥じらう外人娘に興奮しちゃうわけで。
けしからんな、だがもっとやれ。
どうせなら、本物のチンコを突っ込んでやれ。
そんな気持ちになってきてしまうというわけなんです(笑)。

「膣内に熱いのが、出てるぅ・・・っ!!」

というふうに、駅弁ファックで外人娘へ膣内射精してしまう「蒼い眼のナデシコ」。
卑猥すぎるチンポ祭りに爆笑しつつも、ねっとりとした外人娘の濃厚フェラチオも楽しめるんです♪

『ふたりヨガり』では、そういう美少女たちとの濃厚セックスが魅力的。
ムチムチボディの美少女たちとの性行為を見ながら、ドピュッと一発抜いてみませんか?

外人娘に生ハメSEX!
電子コミックでどうぞ♪

↓  ↓  ↓


>>ふたりヨガり

 

タグ :                                 

3P 69 クンニ パイズリ フェラチオ ラブコメ 人妻 処女 巨乳 潮吹き 爆乳 痴女 百合 膣内断面図 野外

この記事に関連する記事一覧