アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!

【アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!】

少女セクトは女子校での禁断の愛にグッときます


少女セクト

百合漫画の舞台と聞いて思い浮かぶのは、やはり女子校ではないでしょうか。
男がひとりもいない男子禁制の、まさに女だけのヒミツの花園。
シチュエーション的にこれ以上おいしいものはありませんし、当たり前といえば当たり前かもしれませんね。
大人になりきれていない年頃の少女たちが、禁断の愛を育むというところも、萌えポイントの一つかもしれません。

『少女セクト』は、お嬢様学校の籠目女子学校を舞台にしたガールズラブ漫画です。
作者は、本作が本格的な百合漫画デビューの、玄鉄絢さん。
女子校というオンナの花園で巻き起こる美しい禁断愛を、魅力たっぷりに描いてくれています♪

主人公は、籠目女子学校の風紀委員会の内藤桃子。
明るくて誰に対しても面倒見がいい、優等生の少女です。
そんな彼女はひょんなことから、学校一の遊び人・藩田思信と距離を縮めることになっていきます。
かわいい女の子を見境なく口説く思信に、最初は呆れていた桃子。
でも、彼女の言葉に心を動かされている自分がいることもまた事実で・・・。
そんなある日、桃子は思信に告白されてしまって、物語が少しずつ動いていくことになります。

女子校、そして女同士の愛ということで、ものすごく華やかな雰囲気を想像するかもしれませんが、けっこう普通の女の子たちの物語といった感じでした。
同性愛に関する認識が、現実よりはちょっと柔軟かなという程度で、それほど浮世離れしていないところがいいですね♪

少女セクト

メインは桃子と思信の二人なんですけど、実際にはたくさんのカップリングが登場します。
桃子と思信を、主人公かつ物語の語り手のような位置に置きつつ、各話で他のカップリングをメインにしてお話が進んでいく。
そんな感じですね。
なので、登場人物はかなり多めになっています。
この辺りもたくさんのキャラクターを登場させやすい、学園ものガールズラブ漫画の醍醐味かなと思います。

下手をすれば、キャラクターとカップリングが多すぎて、話がぐちゃぐちゃになってしまいそうですけれども。
上手にバランスを保ってストーリーが進んでいきます。
エッチシーンはしっかりあるものの、全体的には静かで淡々とした雰囲気の作風。
「いろいろな組み合わせの百合漫画を楽しみたい」という人には、ピッタリの作品なのではないでしょうか。

絵柄はちょっと古い感じですけど、とてもきれいで癖がなくて読みすいです。
少女たちも極端に胸が大きすぎたり、いやらしさを感じる体つきではなく、発育途中の何とも言えないエロさがあります。
エッチシーンは派手に喘いだりといった描写はありませんが、グッとくる雰囲気がありますね。
抑えているけどつい出てしまったあえぎ声の感じとかが、個人的には好みでした。

『少女セクト』は、その人気からなんと、OVA化などもされているガールズラブコミック。
心身ともにまだ未熟なたくさんの美少女たちが、幼いながらも真剣に恋をしている様子が描かれている作品です。
学園ものということで、特に複雑な設定はありませんから、ガールズラブ漫画初心者の方でも読みやすい作品だと思います。

玄鉄絢・少女セクト
コミなびから読めます♪

↓  ↓  ↓


少女セクト

 

タグ :           

GL ラブコメ 処女 女子校生 百合 調教

この記事に関連する記事一覧