アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!

【アダルト電子コミックのおすすめサイトはこちら!】

若葉の-少年期は正反対なふたりのボーイズラブ漫画です


若葉の-少年期

あなたがボーイズラブ漫画を読むとき、何を基準に作品を選びますか?
濃厚なエロシーンや手軽に読めるギャグっぽいものなど、色々あると思います。
もし男同士の、繊細で美しい恋愛模様を描いた作品を読みたい方には、こちらの『若葉の-少年期』がおすすめです♪

無口で無表情な少年・那智眞尋。
ついたあだ名は「マネキンくん」で、クラスメイトからも敬遠されています(汗)。
そんな那智の唯一のお友だちは、中学の頃からの付き合いがある真里谷梓。
那智とちがって人気者の真里谷ですが、二人ともお互いが一番の友人でした。
しかしあくまで“友人”だった二人が同じクラスになったことから、少しずつその関係が変わっていって・・・。

独特の雰囲気の漫画だなと思っていたら・・・・・
実写映画化で話題になった『セブンデイズ』の作者、橘紅緒さんの作品だったんですね。

かっこよくてクラスの人気者の攻めと、正反対の地味で目立たないタイプの受け。
作品自体の雰囲気と相まって、まるで少女マンガを読んでいる感じです。
ただ、真里谷は正統派なイケメン男子なんですが、那智のほうはかなり変わってますね。
なかなかの美形なんですけど、とんでもなく個性が強いんです(汗)。
感情のふり幅はかなり少ないのに、これだけインパクトがあるキャラクターはすごいなと思いました。
学校が主な舞台のため、ボーイズラブ漫画にしては珍しく、女の子のキャラも割とたくさん出てきます。
この作者さんの作品は、メイン二人以外のキャラクターも丁寧に描かれているのがいいですよね♪
クラスメイトもかわいくて、「学生っていいな~」とほんわかしてしまうほどです(笑)。

若葉の-少年期

ストーリー自体は、静かに淡々と進んでいく感じ。
この『若葉の-少年期』は、『若葉の-恋期』に続く、いわゆる序章のようなお話です。
真里谷と那智の二人の感情が“恋”へとステップアップしていくまでの過程が、きれいな絵柄で丁寧に紡がれています。

驚いたのは、ボーイズラブ漫画に必ずあるといってもいいエッチシーンが、本作にはまったくないこと。
その一方で、“友人同士”であるはずの二人の心境が徐々に変わっていく様子、揺れ動く気持ちや葛藤などがじっくりと描かれています。
エッチ描写はありませんけれど、その分、お話自体の厚みや読みごたえがある作品に仕上がっていますよ♪
激しいエッチ描写満載の、刺激が強い作品をお求めの方だと、ちょっと違うなとなってしまうかもしれませんのでご注意を(汗)。
あくまでソフトな恋愛を描いたボーイズラブ漫画です。

『若葉の-少年期』は、友人だった二人の関係が少しずつ変化していく過程を、きれいな絵柄と繊細な心理描写で描いたボーイズラブコミック。
甘酸っぱい二人の関係を、続編も含めてぜひ一度は読んでほしい作品です。

橘紅緒・若葉の-少年期
コミなびで読むならこちら♪

↓  ↓  ↓


若葉の-少年期

 

タグ :         

BL

この記事に関連する記事一覧